AMAZON Life by SUNA

「AMAZON OWNERS CLUB」時代から30年余り。
再び AMAZONとのカーライフを楽しむこととなったSUNAと仲間達の日々。
40年、50年、そして60年へとVOLVO AMAZONと共に辿るTime Trip。

TACC例会inセイロンカフェ

12月4日(日)、帰国早々ですが、早起きして千葉県・八千代市へと「・122」AMAZONを走らせました。TACC(東京有明カークラブ)の例会が、クラブ員Sさんのレストラン「セイロンカフェ」で行われたのです。快晴の高速道路を快調に突っ走って、初めてのお店を探していると、ちゃんと目印にSさんの有名な(映画3丁目の夕陽に”出演”した)モーリス・マイナーとコロナ・ピックアップが路肩駐車場に止まっていて一目瞭然!! そして続々と集まって来るTACCの「変わり者(良い意味での、、、)」の「変わったクルマ」達。AMAZONも新たに今回から仲間に加わったSさんの1台を含めて3台が勢ぞろい。ポルシェ356スパイダーもいれば、旧いコルベット、ジャガーEタイプも集まってき来ました。VWビートル、コンサル・コルチナなどの懐かしい大衆車もいます。そして、なぜか”中国製”3輪バイク(後退ギア付き!!)でさっそうと現れた、メンバーもいました。このバラバラ感、、、というか、こだわり感がTACCの魅力なのです。いつも例会の行われる夢の島駐車場とは雰囲気を変えた今回のミーティングは、私の大好物カレーランチ付きです。セイロン出身のSさんと、やはりTACCメンバーでホンダN360や”ラビット”スクーターに乗るYさんが、20名以上も集まった仲間のために、素晴らしく美味しく”辛い”カレービュッフェを用意してくれました。いつものように、ワイワイガヤガヤと時のたつのも忘れてカレーを食べながらの車談義、、、。ここのところ、ちょっとタイトなスケジュールで飛び回っていましたが、とても楽しいひと時を過ごし、一気にリフレッシュすることが出来ました。さあ、今年の「・122」AMAZONの出番も、あと1回。12月18日(日)に箱根を周回するTACCツーリングへの参加です。好天に恵まれることを願って、来週は、きちんと整備をしようと思います。
On Sunday Dec 4th, I was off to Yachiyo in Chiba Pref with my .122. I sped down the expressway under wonderfully clear skies, and found the restaurant owned by a TACC club member. In front of the store was a Morris Minor and a Corona Pickup so it was pretty easy to find the shop. The TACC members that gathered for this event came in all sorts of classic cars. A new Amazon showed up for the first time, a Porsche 356 Spyder, an old Corvette, a Jaguar Etype, VW Beetle, etc. There was even a 3 wheel bike made in China ! There is no real policy for the TACC, but this is why it is so fun. The TACC normally gathers at Yumeno-shima, but on this day, about 20 people made their way to Chiba to enjoy real Ceylon curry. Mr. S. the owner of the restaurant is from Ceylon originally, and he had prepared a large curry buffet for us. My schedule was a bit busy these days, but I was able to relax and wind down. There is only one more event remaining this year for my .122 which is the TACC Hakone touring on the 18th. I am keeping my fingers crossed that we will have good weather.
CIMG5280.jpgCIMG5291.jpgCIMG5285.jpgCIMG5302.jpgCIMG5293.jpgCIMG5294.jpgCIMG5287.jpgCIMG5304.jpgCIMG5310.jpgDSC03287[1].jpgDSC03299[1].jpgDSC03286[1].jpg
  • -
  • -

AMAZON10台で秋の日本平ツーリング

11月12日(土)、13日(日)「AMAZON秋のツーリング」を行いました。今年は、4月に予定していた「AMAZON春のツーリング」が未曾有の東北大震災直後となったために中止とし、今年唯一のAMAZONツーリングとなりました。そのせいか、参加表明は、過去最多の13台でしたが、
レストアが間に合わなかったり、当日朝に電気系がアウトとなり、やむなくリタイアとなったAMAZONもいたりして、結局10台のAMAZONと1台のPV544の合計10台で静岡・日本平へのツーリングとなりました。週間天気予報では12(土)は雨模様だったのですが、前日までは雨に祟られたものの、当日の夜明けには雨も止み秋晴れの快晴に恵まれました。雨上がりの東名高速を見事な富士山を眺めながら集合地点の静岡ICに続々とAMAZONが集合。遠くは石川県や名古屋からも、この日を待ちわびていたAMAZONが続々と集まって来ました。午前中は登呂遺跡などを見学しながら日本平パークウェイのワインディングを11台のAMAZONを連ねてドライブ。途中富士山をバックに全車で記念撮影。その後は、ロープウェイで久能山東照宮詣。昼食も富士山を眺めながらの、とても楽しい、のんびりとしたツーリングとなりました。宿泊の「三保園ホテル」では正面玄関にずらりと並んだAMAZON軍団に宿泊客もビックリ。温泉につかってAMAZON談議を楽しんだ後は恒例の大宴会。この日撮影した動画をスクリーンに映写しながら各自AMAZONへの思いを語り尽くしました。AMAZON談議は夜の更けるのも忘れて続き、部屋にはNさんご持参の味わい深い「古酒」梅酒が持ち込まれ、AMAZONのシャシープレートや何やかやの「深い」話に花が咲きました。そんなこんなで「古酒」と、AMAZON談議に酔いつぶれたのでした。それでも早朝には夜露に濡れたAMAZONを磨く姿がチラホラ。さらには、未明には6時間かかる帰途へ赴き、石川県へと走り出したAMAZONもいました。13日(日)も快晴。三保の松原で解散となったのですが、東京方面へ帰る有志5台のAMAZONは、TACC(東京有明カークラブ)メンバーのNさんが主催する「アメリカンヒストリックカーショー」を見に河口湖へ行きました。富士山をバックに秋晴れの芝生に並んだ180台の古き良き時代のアメリカンヒストリックカーは、どれも個性を主張し圧巻のひとこと。AMAZONも米国輸出を目論んで開発された経緯もあり、かつては「WestCoast」”風”にサーファーやビーチボーイに大人気の車だっただけに、共に通じるところを再認識した楽しいひと時でした。ということで、とても充実した2日間の「AMAZON秋のツーリング」でした。この秋のクラシックカーシーズンも終わりに近づき「・122」AMAZONは11月26日(土)に「クラシックカーフェスタin神宮外苑」に参加。12月4日(日)はTACCミーティング、さらには18日(日)は、TACC箱根ツーリングに参加して
楽しかった今年のイベント参加を締め括ります。
The annual Amazon Touring trip was held on Nov 12th and 13th with a record 13 Amazons participating. It was originally planned in April, but due to the 3.11 earthquake, it was postponed to fall. Well, it was supposed to be 13 Amazons, but due some mechanical problems and other, 10 Amazons and 1 PV544 gathered for the Shizuoka pref. Nihonda tour. The weather report predicted rain, but the rain fell earlier on Friday so the day fortunately opened without and rain. We gathered at the Shizuoka IC and was rewarded by a great view of Mt Fuji. Some came as far as from Ishikawa pref and Nagoya. We visited the Toro ruins as we made our way thru the winding roads of Nihondaira. We took some photos with Mt. Fuji in the background, took the ropeway up to Kunoyama Shrine and had lunch. We arrived at our hotel and everyone staying at the hotel were surprised to see such a large number of Amazons in the parking lot. After taking some time in the hot springs, we went on to fun and food. Of course, the main course was all about Amazons. The morning dawned to some fog and some of the Amazons from afar started to depart. It was another fine day and we said farewell to each other at Miho no Matsubara. 5 Amazons went on towards Kawaguchi Lake to see the American Historic Show. 180 Old American cars were lined up with Mt. Fuji in the background. The Amazon was targeted towards the US market, so we all felt some kind of connection with these old American and enjoyed ourselves. So, back to Tokyo it was. My Amazon season is starting to wind down and just a few more events in December it will go back to hibernation.
CIMG4948.jpgCIMG4957.jpgCIMG4964.jpgCIMG4966.jpgCIMG4985.jpgCIMG4987.jpgCIMG4989.jpgCIMG4991.jpgCIMG4994.jpgCIMG4993.jpgCIMG4992.jpgCIMG4996.jpgCIMG5000.jpgCIMG5008.jpgCIMG5013.jpgAHCS 2011  (2).jpg
  • -
  • -

お台場 MSJにAmazon登場

10月29日(土)30日(日)の両日、東京・お台場で「モータースポーツジャパン2011(MSJ)」が開催されました。今年6回目の開催となるMSJですが、初回から運営委員をしていることで、RallyNippon終了後から猛烈な忙しさで準備を進めてきました。今年は、従来のスペースに隣接するセントラルパークの公園内でヒストリックGT/スポーツカーとレプリカカーの展示イベントと来場者による人気投票も行うこととなりさらに規模を拡大。入場無料の観客数も10万3285人を記録する大盛況となりました。このヒストリックGT/スポーツカー人気投票には、我がAmazon仲間のNさんと、TACC(東京有明カークラブ)のSさんのフェアレディ1500(1965年式)もエントリー。Sさんのフェアレディ1500は、先週のRallyNipponを一緒に走った「東京大学ラリーモンテカルロヒストリック参戦プロジェクト」のセリカTE22(1975年式)と共に、MSJスーパーバイザーの近藤真彦賞を見事受賞しました。やはり知人が受賞すると、疲れも吹き飛びますね。別に私が主催者側にいることとは一切関係なく、近藤真彦さんが、本当に気に入った車として選んだのですから、、、。ということで、ウチの会社も「DUNE自動車情報館」として、WRCやF1などの超レアグッズのチャリティセールを行い、昔のドライバー仲間でパイクスピーク・ヒルクライムで記録更新を果たしたTさんと久々に再会するなど、楽しくもクタクタに疲れた週末でしたが、これで一段落。一休みして、11月12日(土)、13日(日)はAmazon13台を連ねて、静岡・日本平へとツーリングを行います。そして、今年の最後のイベントは、11月26日(土)東京・神宮外苑絵画館で行われる「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタin神宮外苑」に「・122」AMAZONで参加します。
The Motorsport Japan 2011 was held on the weekend of Oct 29 and 30th. This was the 6th MSJ and since I am part of the operating committee, it was crazy busy from after Rally Nippon. This year, the space was expanded to include historic cars and replica sports cars. A popularity vote was held which added to the excitement, and the number of entrants increased to over 100k people. My friends from TACC were entering into the classic car portion with their Amazon and Fairlady 1500. The Tokyou Univ whom had been competing with me at the Rally Nippon last week were there, also, with their Celica TE22. This car won the popularity vote. I also was participating as a vendor. We put up a tent selling old F1 and WRC goods for charity. It was a busy weekend but I get to take a breather before we go off to an Amazon run with 13 Amazon's to Nihondaira on the 12th and 13th and will close off the season with an entry to the Classic Car event at Jingu on the 26th.
CIMG4769.jpgCIMG4770.jpgCIMG4772.jpgCIMG4791.jpgCIMG4802.jpgCIMG4804.jpgCIMG4838.jpgCIMG4869.jpgCIMG4774.jpgCIMG4795.jpgCIMG4895.jpg111030末繁さん.jpg
  • -
  • -

AMAZONで”秘湯”熊の湯へGO!!

10月15日(土)16日(日)の両日、AMAZON6台で「”秘湯”熊の湯へGO!!」を実施しました。遠くは石川ナンバー、名古屋ナンバー、それに群馬ナンバー、相模ナンバー、品川ナンバーのAMAZONが、”秘湯”熊の湯の長野ナンバーのAMAZON123GTを訪ねるという企画です。生憎の雨となった15日(土)往年のモンテカルロラリーのように、全国各地からAMAZONが三々五々集結地点、上信越自動車道の信州中野ICに集結しました。奥志賀高原の「熊の湯
ホテル」のS社長と愛車AMAZON123GTを訪ね、AMAZON談義に花を咲かすを、という趣旨でしたが残念ながら、S社長は急用でお出かけ。それでもS社長のお心遣いで「歓迎 AMAZON愛好者」の看板に迎えられ、1998年長野オリンピックのポスターの横に「Giro di Karuizawa」のAMAZONが描かれたポスターが掲げられた「熊の湯ホテル」にチェックイン。
素晴らしい”緑色”の硫黄泉を堪能し、美味しい地ビールを浴びるほどいただき、夜の更けるのも忘れてAMAZON談義を楽しみました。16日(日)も明け方まで激しい雨が降り続いていましたが、午前9時過ぎには、それまでの荒天が嘘のような青空が広がり、まさしく秋晴れ。S社長のガレージで秘蔵の愛車やシトロエンDSの珍しい”スプーン状のカギ!!”などを拝見し、さらには、AMAZON用ホイール、エンジンキー、ドアキーなどのプレゼントもいただき、いざ、ツーリングへ出発。まさにツーリング日和で紅葉真っ盛りの志賀高原ルートをAMAZONを連ねて気持ちの良くドライビング。帰りは、軽井沢へ抜けてGiro di KaruizawaのオーガナイザーHさんのお店「ア・ラ・ガール」で”激辛””激旨”カレーを堪能して解散。「・122」AMAZONは、全走行距離600Km余りを走破して夕方には、無事東京に帰還しました。名古屋のGさんも670Kmほど走ったそうで、もちろん石川・和倉のTさんは、もっと走り込んだこととなり、いわば、AMAZONにとっては、ちょっとした「大冒険」でもありました。私の「・122」AMAZONにとっては、なにしろ今週末の21日(金)からは4日間1500kmにわたる「RallyNippon」出場を控えているだけに、絶対に壊してはいけないAMAZONでの”秘湯”熊の湯へGO!!でしたが、無事に走破。ただ、週間天気予報によると、「RallyNippon」の来週末も雨模様とのことで、いささか憂鬱な1週間のはじまりとなりそうです。
A touring trip of 6 Volvo Amazons to Kumanoyu Spa was held over the weekend - 15th to 16th. The 6 Amazons included cars from Ishikawa, Nagoya, Gunma, Sagami & Shinagawa and they all drove out to Kumanoyu sap in Nagano prefecture to meet an Amazon 123GT. Saturday started off with rain as the 6 cars made their seperate way to Shinshu Nakano IC - just like the Monte Carlo rally in the old days. The initial goal was to go see Mr. S and his Amazon 123GT, but unfortunately, Mr. S was called away on sudden business. However, when we arrived at the Kumanoyu Hotel, we were welcomed by a "Welcome Amazon aficionados" sign along with a poster from Giro di Karuizawa hung next to a 1998 Nagano Olympic poster. We sunk ourselves in a green colored sulphur hot spring, drank tons of local beer and enjoyed our Amazon stories deep into the night. Heavy rain continued into the night, but at 9am, the skies cleared up for a beautiful fall day. Mr. S. showed us his car collection including a Citroen DS with a rare "spoon" key. We were presented with wheels and keys for our Amazons and off we started for another day of touring. The day was meant for touring with the autumn foliage already starting to turn bright red. We drove into Karuizawa to have some "hot" curry at the Giro di Karuizawa's organizer's curry shop and then called it a day to drive back to where we all started from. After the 600km drive, my Amazon made it safely back to Tokyo. Mr. G from Nagoya drove 670km and Mr. T from Ishikawa had a even longer drive. For all the Amazons, the touring was a bit of an adventure. For myself, I was a bit worried as Rally Nippon will start at the end of the week, but was relieved to come back with no mechanical problems. But when I looked at the weather report, it looked like it will start to rain again towards the end of the week.
CIMG4241.jpgCIMG4254.jpgCIMG4267.jpgCIMG4269.jpgCIMG4275.jpgCIMG4276.jpgCIMG4287.jpgCIMG4290.jpgCIMG4301.jpgCIMG4306.jpgCIMG4302.jpgCIMG4297.jpgCIMG4310.jpgCIMG4316.jpgCIMG4315.jpgCIMG4320.jpgCIMG4353.jpgCIMG4356.jpgCIMG4335.jpgCIMG4350.jpg
  • -
  • -

TACCミーティングでシーズンイン!!

8月27日(土)恒例のTACC(東京有明カークラブ)のミーティングが夢の島駐車場で行われました。前日は猛烈な雷雨が夏の終わりを告げ、何とか雨は降らなかったものの、私は雨アレルギーの「・122」AMAZONを諦めてヴィッツのラリーカーで参加しました。基本は名だたる内外クラシックカーオーナーの自由気ままなカークラブなのですが、さすが怪しげな天気に集まるクルマは、いつもと様相が異なります。とはいえ、メイクスも車種も問わないクラブだけにユニークなクルマが集まりました。もちろん、いつものAMAZONメンバーも来ましたが、新顔でTさんのVolvo164、それも左ハンドルアメリカ仕様なのですが当時の輸入元帝VOLVOの正規輸入車という珍車も、、、。さらにコロナ”ピックアップ”1967年式のSさん(セイロン生まれのカレー屋さん)は、いつものように愛嬌たっぷりのインパクトを放っていました。NSXにN360もホンダの歴史を物語り、Nさんのコルベット・スティングレーは圧倒的な存在感で注目を集めていました。
このテンデンバラバラの珍車が集まるところがTACCの面白く、素晴らしいところでもあります。さあ、いよいよクラシックカーのシーズンインです。私と「・122」AMAZONは、9月18日(日)榛名湖で行われる「クラシックカーラリーミーティング」、10月15日(土)16日(日)はAMAZON有志6台を連ねて志賀高原のさらに奥、秘湯「熊の湯温泉」まで1泊ツーリングを敢行します。その翌週21日(金)から24日(月)までの4日間は1000Kmを走る「RallyNIPPON」にエントリー。その後、11月12日(土)13日(日)は「AMAZON秋のツーリング」で12台を連ねて静岡・日本平へのツーリングを行います。
CIMG3839.jpgCIMG3830.jpgCIMG3826.jpgCIMG3837.jpgCIMG3805.jpgCIMG3811.jpgCIMG3812.jpgCIMG3815.jpgCIMG3808.jpgCIMG3810.jpgCIMG3846.jpgCIMG3821.jpg
  • -
  • -

夏本番 炎天下の埼玉自大イベントへ

7月10日(日)鬱陶しい梅雨が明けた灼熱の太陽の下、「・122」AMAZONは埼玉自動車大学校の「AUTO JAMBORE2011」に行ってきました。埼玉自動車大学校は、クラシックカーラリーの「線踏み」セミナーも開催されるテストコースも充実した自動車専門大学。今回は、40年来のお付き合いとなるパリ・ダカール日本人初挑戦者で私とも世界中を走り回った自動車環境評論家、エコ冒険家として活躍する横田紀一郎さんと、やはり、30年来の友人で日本のカースタント界の草分け的ドライバー大友千秋さんとその仲間たちが、「環境とクルマの共生トークショー」、「交通安全カースタント」を行うということで、ご一緒した次第。「・122」AMAZONは、会場入り口となるメインロビー前に、オーストラリアを走破した横田紀一郎さんの「プリウス」と共に、新旧クルマ文化を象徴するかのように展示され、7000人もの入場者をお出迎え。校舎や実験棟などでは、数々の催し物が行われ、テストコースには200台以上の国内外ヒストリックカーがずらりと並びました。ヒスリックカーは、圧倒的に国産車が多いものの、懐かしい車も多く、「トークショー」の合間を縫って青春時代にタイムトリップを楽しむことが出来ました。「交通安全カースタント」では、TV映画撮影用の「本物そっくり」パトカーを交えて、オートバイのスタントと軽4輪の「片輪走行スラローム」など、その昔の「スタントカーショー」を想い出す楽しい演出で会場は大いに盛り上がりました。真夏日のAMAZONドライブは、過酷そのものでしたが、オーバーヒートもせずに無事帰還。「・122」AMAZONは」、この真夏の猛暑は避けて、9月のクラシックカーイベントシーズンまでは、また地下駐車場でじっと待機、ということになりそうです。
On Sun July 10th, just when the rainy season finally let out and the scorching sun unrelentlessly shining, I drove with my .122 Amazon down to Saitama Institute of Automotive Technology for their Auto Jambore 2011. This institute actually has a seminar to instruct people how to go about the classic car rally time challenge. I was joining an old acquaintance from about 40 years back - Kiichiro Yokota - the first Japanese to challenge the Paris-Dakar race and also famous motor journalist and eco adventurer. We were also joined by another old acquaintance who is one of the pioneers in stunt car driving in Japan - Chiaki Ohtomo. The two were participating in the talkshow"Coexistence of cars with the environment" and "Safe driving car stunt" show. My .122 was parked along side Yokota-san's Prius representing the car of the past and the future. 7,000 people showed up for the event and 200 historic cars partipated. Most of the cars were domestic cars but many of them brought back nostalgic memories and I was able to enjoy myself in and between the talkshow events. The car stunt show featured an "almost real" police car, a motorcycle along with a 4 wheel car during a 2 wheel slalom "wheely". Just like the old times. Driving my .122 under the tough hot summer conditions was an adventure but my .122 thankfully made it back to Tokyo without overheating. It will go back underground to avoid the summer heat until September's classic car season.
110710埼玉自工大表紙.jpgCIMG3611.jpgCIMG3608.jpgCIMG3603.jpg
CIMG3575.jpgCIMG3573.jpgCIMG3572.jpgCIMG3583.jpgCIMG3586.jpgCIMG3594.jpgCIMG3589.jpgCIMG3606.jpgCIMG3628.jpgCIMG3555.jpgCIMG3644.jpg110711スナップショット 2 (2011-07-11 13-05).png
  • -
  • -

AMAZON「熊の湯」の出会い

Giro di Karuizawaゴールの翌日、5月30日(月)に「・122」AMAZONと私は、軽井沢から上越自動車道、上信越道を経て、信州中野ICから志賀高原の「熊の湯」へと向かいました。Giro di Karuizawaでも、ごくごく近くを疾走したのですが、今回の目的は別です。「熊の湯ホテル」のS社長が、1969年からワンオーナーでAMAZON123GTを乗り続けていらっしゃることを知り、昨年末にAMAZONを入手された石川県・和倉温泉のT社長と合流してAMAZON談義を温泉につかりながらしよう、、、という趣向。軽井沢から約2時間、石川県・和倉温泉からは約5時間、、、生憎の土砂降りの中、「熊の湯ホテル」に2台のAMAZONが集結しました。”緑色!!”の素晴らしい硫黄温泉を堪能して、さっそくAMAZON談義です。「熊の湯ホテル」のS社長のAMAZON123GTは1969年式。和倉温泉のT社長のAMAZON122も1969年式。S社長は、123GTのほかに1968年式SAAB、1967年式ジャガーX100レプリカ、シトロエンDSなどをお持ちでした。かつて60年代に、日本の雪上ラリーの頂点だった「志賀高原ラリー」のオーガナイズもしていたという”走り屋”だけに、当時は未舗装の志賀高原ルートを123GTで走り回った逸話には、あまりのハードな走りでダメになったAMAZONのミッションも持ち出されて白熱。私と、ちょうどひとまわり先輩のS社長の元気さに感服するとともに、AMAZONの質実剛健なタフさを再確認しました。S社長はVWエンジン搭載の”スパイクタイヤ付き”バギーもお持ちで、冬季にはご自分の経営する広大なゲレンデをこのバギーで走り回っていられるとか、、、。”熱い”AMAZON談義は、とても楽しく、時のたつのも忘れるほどでしたが、昼前にはお開き、、、。2台のAMAZONは、再開を約束して帰途につきました。こうして、新たなAMAZON仲間に出会えるのも「・122」AMAZONのおかげです。そういえば、和倉温泉T社長のAMAZONのナンバーも「・122」でした。
The day after I crossed the finish line of the Giro di Karuizawa, I drove off onto the Jyoetsu HW, went on to Jyoshinetsu HW and made my way to Kumanoyu in Shiga Highlands (where they had the Winter Olympics). I was meeting up with the owner of Kumanoyu Hotel, Mr. S who is the single owner of a 1969 Amazon 123GT. While I was talking to Mr. T, owner of a old ryokan in Wakura Onsen - Ishikawa pref who had bought an Amazon himself last year end, we decided we would all meet up at the Kumanoyu Hotel. Kumanoyu is about a 2hr drive from Karuizawa, but its a 5hr drive from Wakura. We soaked ourselves in the green colored hot spring and talked about our Amazons. Mr. S' Amazon is a 1969 123GT while Mr. T's is a 1969 122. Mr. S not only owned an Amazon, but also had a 1968 SAAB, 1967 Jaguar X100 replica, Citroen DS among others. He also owned a stud tired VW engine buggy which he uses to run around the ski slopes. Mr. S also had been one of the organizers of the Shiga Highland Rally in the 60s, one of the top snow rallies of the time. We all agreed that the Amazon is one of the most solid cars. By noon the next day, we all headed back.
CIMG3368.jpgCIMG3372.jpgCIMG3387.jpgCIMG3384.jpgCIMG3374.jpgCIMG3401.jpgCIMG3409.jpgCIMG3413.jpgCIMG3430.jpgCIMG3439.jpgCIMG3424.jpgCIMG3458.jpg
  • -
  • -

春のAMAZONツーリング 中止決定

未曾有の大震災と原発事故が襲来して、早くも一週間が経とうとしております。
皆様におかれましても、続く余震に不安な日々をお過ごしのこととお察しいたします。
さて、4月16日(土)、17日(日)に予定をしていた恒例の「春のAMAZONツーリング」は、
中止を決定いたしました。これは、まだまだ不安が残り、刻々と被災状況の拡大が伝えられる中でのツーリングを見合わせるもので、日を改めて「気持ち良く」、「楽しく」AMAZONツーリングを行いたいと願っております。
ただ、今後の予定は、震災の余波、他のクラシックイベント、、、、等々の様子も鑑み、検討はしてみますが、「春、、、」というのは、ちょっと不可能と思われます。ということで、11月12日(土)、13日(日)に予定している「AMAZON紅葉ツーリング」は、実施できれば、、、と思っております。その際には、是非とも皆様にご参加いただき、「気持ち良く」、「楽しく」AMAZONを連ねて週末を過ごせることを願っております。

_MSO3127.jpg
  • -
  • -

TACC立春ミーティング

2月5日(土)立春の翌日にTACCミーティングに参加しました。いよいよクラシックカーシーズンの幕開け、、、という感じです。いつもの夢の島駐車場に行くと、何と、戦前車が、トコトコとやって来るではありませんか、、、。1929年式のシボレー・インターナショナル AC ロードスターです。TACCミーティングに初の戦前車の登場です。当然、木製のホイールです、、、。車種、メイクス等分け隔てなく、旧い車好きの集いがTACCなのですが、遂に戦前車が仲間に加わりました。さらに、懐かしい1964年式コルセアもやって来ました。天気に恵まれ、多くの家族連れが集う夢の島駐車場ですが、「変わった車」が並ぶTACCの一群に、何だ、何だ、、、の人だかりです。新たなメンバーも加わり、今年のクラシックカーイベントの日程などの話に花が咲き、女性メンバーが持参してくれた「車チョコ」でちょっとしたバレンタイン気分を味わい、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
On 25th I joined the TACC meeting - the first of this year. I went out to Yumenoshima as usual, but was pleasantly surprised to find a car out of history - a 1929 Chevrolet International AC Roadstar. This is the first for TACC to see a car that was produced before WWII. The wheels were made of wood - of course. In addition, a 1964 Corsair also joined the party. With the pleasant weather, a lot of the members brought along there families, and on top, with these rare historic cars, quite a crowd gathered. We munched on some early car shaped valentine chocolates and fully enjoyed the day.
CIMG3109.jpgCIMG3113.jpgCIMG3112.jpgCIMG3110.jpgCIMG3116.jpgCIMG3117.jpgCIMG3129.jpgCIMG3119.jpgCIMG3133.jpgCIMG3128.jpgCIMG3124.jpgCIMG3131.jpg
  • -
  • -

TACC今年の納会

12月5日(日)、夢の島駐車場でTACC(東京有明カークラブ)の例会がありました。TACCミーティングも今年の納会です。快晴で気持ちの良い朝、「・122」AMAZONは、ガラガラの首都高速でレインボーブリッジを快調に走り、夢の島へ。駐車場には、いつも通り、車種にとらわれない、本当のエンスージャストの皆さんが、ピカピカの愛車を並べていました。ロータスもあれば、ジャガーもあれば、アルファロメオもあれば、VWビートルもあります。それに、AMAZONとP1800も並びます。さらには、「TOEI」というマニア垂涎の自転車で乗りつけるメンバーもいて、和気藹々。しばしのクルマ談義に花が咲き、絶版プラモデルの自慢から稀少ミニカー披露、、、そして、1960年代初期の国産車カタログや懐かしい雑誌を広げてワイワイガヤガヤ、、、。
皆さん本当にクルマが好きなのです。つくづく良い時代をクルマと共に楽しんで来れて良かった、、、と実感するひと時でした。11月の「AMAZON紅葉ツーリング」の際には、TACCのツーリング日程と重複してしまい、TACCの方々に日程を譲っていただくなど、ご迷惑をおかけしたことにお詫びをして、今年のTACCミーティングを締めくくりました。このTACCミーティングで
「・122」AMAZONも”仕事納め”です。きっちり、埃りを落として、地下駐車場に格納しました。これから年末、年始は、忘年会、新年会、、、そして、何やかやとバタバタしますが、「・122」
AMAZONには、しばし、冬眠してもらいます。どうぞ、皆様も良い年をお迎え下さい。
ちょっと早いかな、、、。
CIMG2971.jpgCIMG2973.jpgCIMG2975.jpgCIMG2977.jpgCIMG2970.jpgCIMG2985.jpgCIMG2984.jpgCIMG2981.jpgCIMG2986.jpgCIMG2989.jpgCIMG2994.jpgCIMG2980.jpg
  • -
  • -
<< 3/6 >>